定着率が高い理由はなぜ?

​■社員同士の仲が非常に良い

採用条件として、技術力以上に大事にしているのがコミュニケーション能力。
明るく穏やかな社員ばかりなので、業務中の相談や飲み会での雑談など話が弾みます。
コロナ禍のため現在は開催されていませんが、入社前に飲み会に参加されて入社を決めた方もおられます。

​■上流工程に携われる

ゼロスピリッツへの転職理由としてダントツに多いのが上流工程への強み。
代表やリーダー層の方など、生命保険のシステム開発に10年以上携わっている方が多数在籍。
顧客からの信頼度も高いため、どのプロジェクトでも必ず上流工程から参画しています。
入社してから短期間の間に先輩社員のフォローを受けつつ上流工程を担当することが出来るので
結果的に若手でも要件定義や基本設計に関わる機会が多いです。

​■前職より給与が高く満足している

キャリアの方は100%前職より給与アップしています。
入社後も前年度から給与アップ無しということはなく、評価シートの点数に応じて必ず上がります。
30代の平均年収が650万円を超えているのも企業規模を考えると高い部類に入ると思います。

■能力の高い方が多いので刺激になる

転職後の話としてよく聞くキーワードです。
転職前の会社でも優秀な方が複数名いたとは思いますが、その比率が上がる自信はあります。
ベテランだけではなく若手の方も仕事に対して真摯に取り組んでいますし、総合的に見ても魅力的だと思います。
先輩だけではなく同年代が刺激になっていることで切磋琢磨できる環境となっています。

■希望を出せば幾つかの案件候補を挙げてもらえる

一つのプロジェクトに長期間参画することが多いですが、本人希望や会社の判断(技術者としてのステップアップ)で
別のプロジェクトに異動することがあります。
その際には会社が幾つか案件を提示してくれるので、自分で判断することができます。

■勉強会で高度な資格を持っている先輩が教えてくれる

情報処理勉強会では必ず応用情報以上の資格を取得している方が講師をしてくれます。
問題集を単に実施してもらうのではなく、個々の苦手ポイントを分析してカリキュラムを作ってくれたりするので
勉強会の参加率や情報処理試験の取得率は他社と比較しても高めです。
IT業界3年目以上の方の取得率 「基本情報(レベル2):80% 応用情報(レベル3):50% 高度(レベル4):17%」

■顧客への体制提案など前職で出来なかったことが出来ている

IT業界では顧客に対して体制提案を行わない会社も多いですが、ゼロスピリッツでは顧客への体制提案や課題共有に力を入れています。
プロジェクトによって頻度は変わりますが、多くのプロジェクトでは毎月、スパンの長いプロジェクトでも四半期に一度は必ず
提案資料を作成して顧客と打ち合わせの場を設けています。
資料作成に慣れていないと何を書くべきか悩んでしまうと思いますが、代表やマネージャーが資料に対してアドバイスしてくれますし、
過去の提案資料を閲覧することが出来るので困ることはありません。
このような資料を作成することにより自社だけではなく他社やプロジェクト全体を俯瞰的にとらえることが出来るようになり
成長を感じてもらえると思います。