教育制度について
当社の人材育成は、<ティーチング>と<コーチングを用い、「上流工程でも戦える人材になること」を主たる目的としています。
先輩社員が、技術だけではなく現場の特色に沿った実務で必要な知識と考え方を実践形式で指導します。
業務知識豊富な先輩がフォローがする体制が構築されていますので、初めての現場でも安心して参画して頂けます。

Java勉強会
現場の第一線で活躍しているエンジニアが、それぞれの実務経験を生かした『実践向け技術』の習得を支援します。


データベース勉強会
データベースの基礎知識から、実際にPCに環境を構築しながら実践で役立つデータベースの知識を身につけます。


保険知識勉強会
弊社の強みである生命保険の業務知識について、業務経験が10年を超える有識者が基本的な生命保険の仕組みや用語、生命保険会社それぞれの特徴など業務ですぐに役立つ知識を教えてくれます。

情報処理資格取得
コンサルティングを始めとした上流工程を担う人材を育成するにあたり、より高度な技術的知識を身に付けるための施策として情報処理技術者試験の資格取得を推奨しています。
情報処理技術者試験の最高位であるレベル4の資格保有者が中心となって講義を行い、受講者の資格取得を支援します。
<資格保有率>
 レベル2(基本情報技術者試験) :80%
 レベル3(応用情報技術者試験) :50%
 レベル4(各種高度試験)    :17%


AWS資格取得
AWS資格保有者が資格取得(クラウドプラクティショナー、アソシエイト)に向けた勉強会を開催しています。